「 ひとつやふたつ、わかった日 」サブタイトル ( 君の手は。) 第4話 幻の最終話 「いくえにも」 ※本当の完結編

第4話 「いくえにも」

※第1話は こちら
※第2話は こちら
※第3話は こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2022年9月7日(水)

2日間の1泊ツーリングの帰り際

・・・

激しい雨が

オレとマシンを打ち付け

視界を拒む・・・

・・・

カラス色の

暗黒な

東京名古屋ハイウェイ

・・・

オレは

ひとりで

自分のマシンを走らせていた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうなんだ・・・

聞えるんだ

・・・

誰かがオレにささやいてるんだ

・・・

・・・

ジェットヘルの中で声が聞こえる

・・・

・・・

・・・・・

最初は空耳だとおもった

・・・

でも

・・・

確かに聞こえる・・・

耳をすます

・・・

高くもなく低くもない声だ

・・・

雨や風の音で聞こえづらかったのだが

たしかに

こう

言われた

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「キルスイッチを押せ」

・・・

・・・

・・・

はっきりと聞こえた

・・・

・・・・・・

ジェットヘルの中で鮮明に聞こえた

・・・・・

・・・・・

・・・・・

怖くなった

・・・

なぜなら・・・

・・・

・・・

・・・

「ひとつわかったことがある。」

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

オレの声だった・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

走行中にキルスイッチを押してみたら

どうなるのだろう?

やっぱり

気になる

・・・

エンジンが止まるのはわかる・・・

・・・

そのあとどうなるのか知りたい

先程思った内容だ

・・・・・

危ないからやめておけ!

どうなるか知りたいだろ?

はやく押せ!

止まったらまたエンジンをかければいい!

絶対だめだ!!!

オフにしたらすぐにオンにすればいい!

危ないことになるぞ!

まわりに走っている車もいないぞ!

余計な事を考えるな!

押してみてから考えろ!

やめろ!!!!!!!!!

・・・

幾重にも2つの意見が交差する

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

パチッ

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

な・・・

何をしたんだ!

・・・

も・・・

もしかして!

・・・

押してしまったのか!?

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「君の手は。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー































・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

現在の時刻

2022年9月6日(火) AM 8:33

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

え・・・

・・・

え!

え!!!

・・・

また・・・

また!

・・・

またもや?









ウソでしょ・・・

・・・

やってしまったのだ

・・・

・・・

・・・

夢だったのだ・・・

夢の中で走ってきたのだ

なのに疲れていた・・・

・・・

それならそれでいい

・・・

・・・

・・・

じゃあ、

オレは

今どこにいるんだ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見慣れない部屋・・・

・・・

エアコンが効きすぎていて寒い部屋・・・

・・・

まくらもふとんもオレのじゃない

・・・

いつもと違う・・・

・・・

・・・

・・・

「チップちょうだいよ~」

と、言ってた

マンボウのおやじの娘が

隣でイビキをかいている・・・

・・・

横綱級のイビキだ・・・

さすがだ

・・・

海の匂いがする女だ

・・・

・・・

・・・

そんなことはどうでもいい・・・

・・・

ここはどこなんだ?

オレは今

何をしているんだ?

・・・

開け方もあまりわからない窓を

そっと開けてみた

・・・

・・・

・・・

海だ

・・・

・・・

・・・

海が見える

すぐ近くには線路も見え・・・

・・・

島がたくさん見える

・・・

・・・

・・・

水族館も見える

・・・

・・・

・・・

鳥羽一郎が海で泳いでいる

・・・

・・・

・・・

泳ぎながら

歌っている・・・

曲は

娘ではなく・・・

お母様だった・・・

・・・

・・・

・・・

そんなことは

どうでも

いい

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

1泊ツーリングの

2日目の朝だった

・・・

最高な1日がこれから

・・・

始まる

・・・

・・・

・・・

(完)

 

「 ひとつやふたつ、わかった日 」サブタイトル ( 君の手は。) 第3話 「横綱」完結編

第3話 「横綱」

あっという間の

2日間

・・・

今回の旅の行程も

終わりに近いと思っていた

思っていたのだが・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳥羽の旅館から高速を一切使わず走ってきた

2時間で600km進んだ

時速は300km/h だ

アメゼロだ

アメダスって最近聞かないな

・・・

晴天すぎて気温もグングン上昇

またもやケータイが真っ黒に

ナビとして使っていたので電池ものこり少々・・・

かたじけないと思ったが

緑と桃色が乗っている

チャンカチャンカに先頭を願い出た

快く承諾していただき

かたじけなし

ありがとうは室町以降である

そんなことはどうでもいい

・・・

マシンを走らせる

オレのマシンを走らせる

言葉を追加しただけで

違う意味にも聞こえてくる

そんなこたーどーでもいー

・・・

山の中から少し町になってきた

バイパスも通っている

事故も故障もなく順調でもある

さあ

最後の道の駅

津かわげへと走らせる

しかし

オレのトラブルから

最後尾になってしまい

道の駅津かわげを通り越してしまったが

なんら問題ない

Uたーんして

無事到着

・・・

びっくりした

ここのキップ、

オレは持っていたのだ

無理してくることはなかった

この道の駅を目指さなければ

もっとはやく帰宅できただろう

・・・

いや

ちがう

緑ももももキップ集めしているのだだだ

あきてしまわないことを祈ったったった

・・・

高速に乗り

いっきに刈谷ハイウェイオアシスだ

夕食の時間と言うわけでもないが

お腹が減っていた

そう思った瞬間

レッドが

「ラーメンでも食べていかないか?」

おお

人の心が読めるとはさすがレッドだ

ブルーにも聞いてみたところ

食べたいと。

「ひとつわかったことがある。」

自分がラーメンを食べたいとおもったら

みんな食べたいのだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「横綱」のラーメンはうまい

グリーンとピンクは

えびせんべいを買うと言っていたな

サービスエリア到着後すぐに向かっていたくらい好きなんだな

時間にして10分程度だろうが

駐車場へ戻るとグリーンとピンクは待ちくたびれていた模様。

ラーメンでも食べてきたの?

あまりにも待ちくたびれたので冗談交じりに聞かれたが

本当に食べていたというと驚いていた

なんで誘ってくれなかったの?

せんべい買うって言っていたので・・・

言い訳にならない・・・

申し訳ないことをした・・・

こんなにおいしいラーメン食べてないなんて・・・

本当に申し訳ない・・・

ほんとにうまかった

横綱級だった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛知県からご参加の方もいたので

こちらで解散とした

いつものなじみのある道路

伊勢湾、東名と走っていると

ぽつ

ポツ

POTU

ぽつぽつぽつ

ぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽぽ!

ボツボツボツ!!!!!

ばしゃーーーーーーーー

バケツをひっくり返したってやつだ

・・・

赤のうしろにいた

一旦離れはしたがなんとなく追いついてみたんだ

気づいていないはずだ

こんなドシャ降りのなかだ

まっすぐ進行方向に目を向けていないと危険だ

・・・

はやくカッパを来たいがサービスエリアの看板が出てこない

赤塚か新城かよく覚えていないが

ようやく止まることができそうだ

・・・

ひどく雨が降っている

止みそうもない

普通であれば

屋根のある二輪駐車場にとめ雨具に袖を通す

赤は何を思ったのか

屋根のない4輪駐車場にとめていた

2輪駐車場に案内しようかとおもったが

めんどくさくて

やめた

本人はオレの存在に気づいていないからいいだろう

・・・

あたりは日が落ち

暗くなっている

雨もやむ気配がない・・・

はやく帰りたい一心

こんなことを思った

・・・

オレはいつも走りながら何を考えているのだろう?

それか何も考えていないのか?

風やにおい、光を感じ

景色の良いところがあればそこに視線が行く

バックミラーに映った後ろの人間と目が合うと

なんとなく

気まずい

・・・

道を間違えないようナビも見る

うまそうな食べ物屋にもよく目が行く

田んぼにいるおっちゃんはよくこちらを

なんだあれは?的な顔で見てくる

抜かれた車の後ろの席にすわっているこどもたちは

必ず振り返ってまでこっちを見てくる

・・・

行きと帰りでは考え方が違ってくる

オレの帰りはいつも今回のツーリングを

思い出している

・・・

初日はしょっぱなから

とまっちゃった方がいたな

走行中にキルスイッチなんか押しちゃって

・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

???

今押してみたらどうなるんだろう?

???

・・・

まっすぐな道路しかない高速上

雨もきつく

暗闇のなかにみえる前方の車のテールランプ

気温もみるみるうちに下降し

昼間の暑さとは全く逆で

寒い・・・

はやく帰りたい

???

???

おし

?????

!!!!!!!

・・・

何か聞えなかったか?

オレのかぶっている

ジェットヘルの中から

声が聞えた気がした

・・・

おわり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽しんでいただけたでしょうか?

ちがうちがう

このお話じゃなくて

今回のツーリング!

ご参加の皆さま!

2日間一緒に遊んでいただきありがとうございました!

本当にお疲れ様でした!

 

「 ひとつやふたつ、わかった日 」サブタイトル ( 君の手は。) 第2話 「チップ」

第2話 「チップ」

2022年6月6日(火)

場所は鳥羽

たまに雨にも降られかっぱも着たが

遅い時間になることもなく宿に着き

天然温泉につかり

しばしの談笑後

期待の晩飯どき

・・・・・・

まだ夜も更けていない

夕方と夜のハザマから物語を続けます

・・・・・・

夕食が豪華すぎて食べきれない

赤と青と黒のレンジャイ

メインの伊勢海老とホタテのお造りは

腹いっぱい後に食す・・・

あまりにも多すぎて残してしまったくらいだ

後で聞かれたのだがこれはオプションではない

宿泊費に含まれている

それだけ豪華絢爛だったということだ

一同 満足

おなかいっぱい 胸いっぱい

あまり覚えていないのだが

誰かにチップを渡し?

あっという間に夜が更けた

・・・

※自主規制によりはしょりました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あくるひ あひるではない

2022年9月7日(水) 朝 8:00頃

旅館の駐車場にて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一生懸命

持参のブロワーで雨水を飛ばす者。

一生懸命

ブルートースで車体と繋ごうとしてる者。

それぞれ

朝起きるのが早すぎる者たちの行動だ

そして

緑レンジャイと桃色レンジャイと合流

昨晩夜遅くに到着し

お電話をいただいたのだが

朝も早く、疲れから

黒レンジャイ(オレ)はすでに就寝していたのだ

すまなかった・・・

もしかしたら伊勢湾でイルカと一緒に泳いでいたかもしれないな

何故遅れたかって?

それは

桃色の仕事終わりに緑色の運転でこちらまで駆けつけてくれたのだ

本当にお疲れ様だと心から思った

ん?

あれ?

待てよ

2人乗りなんだな

車で

く!

く!

車!

車なんですよね 雨模様だったから・・・

すべて天気予報が悪いということにしておこう

きっと頑張って3輪でくればよかったと思っているにちがいない

こんなにいい天気なのだから。

それはそうと

旅館の朝飯はなんというウマサだ 馬鹿うまかった

めざし?あじ?さば?ふな?

焼津の人間だからと言ってみんながみんなさかなに詳しい訳ではない

これはイカにちがいない

朝から調子はイカがだ

イーカげんにしなさい

・・・

まあイッカ

・・・

「ひとつわかったことがある」

・・・

こんな誰でも思いつく冗談で

ニヤニヤしながらわらっているのは

あなただよ

もちろん食べる前に撮影していたのだが

すぐに食べたかったので写真はこれのみ。

3杯食してしまった

テレビでは藤井5段が勝利と報道されていた

昨日はたしか

藤井君が10代なのか二十歳になっているか

もめてしまったな

そんなことはどうでもいい

問題なのは静岡で対戦し、ご飯は牧之原のご当地食を

食べていたことだ

バスの事件を連想させる・・・

かわいそうだなのひとことでも終われない・・・

本当にご冥福をお祈りします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食後の8:15

クモ(スパイダー)にまたがり

さあ、出発だ

今日も天気はよさげだ
昨日よりもよさげだ

髪を左右に分けて垂らして編んだスタイルは

おさげだ

見知らぬ土地からのスタートは

何とも言えない最高の気分なんだ

しょっぱなから

昨日行けなかった

お寺

おち○○地蔵に会いに行く・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅館をあとにし、およそ3分で

旅のメインのひとつ伊勢志摩スカイライン

貸切だった

鹿の群れがいた

小鹿はこちらに向かっておはようと言って去って行った

実は

こっちに向かって突進してきたから

ぶつかりそうだったのは

ショナイ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝熊山だ

牡蠣がいっぱいいるんだな

ほんとうにあるのだよ

●○んこ地蔵

ここに来る前に少し迷ってしまった・・・

たまたまいた

超かっこいい人に

道を尋ねた

そのキムタクと佐藤たけるとトムクルーズを足したような

かっこいい方がわざわざ軽トラックで案内してくれたんだ

オレがそこまで一緒に行ってやるから付いてこいって。

しゃべり方はさとうじろうだったのは誰にも言えない・・・

感嘆 感激 感銘 だ

こんなやさしい人がこの世にいるのかと。

きっとお地蔵さんの恩恵を受けたのだと勝手な想像をしてしまった・・・

だからやさしかったのだ

こんなことを思って

すまん・・・

本堂へと足を運ぶ (金剛證寺) 

めだかやコイやあめんぼがたくさん泳いでいる

御朱印をいただいたり御守りを購入したり蚊にさされたり

牛もいた

頭の上に

パンサーか?

金剛證寺をあとにし次の目的地は道の駅だ

山の中を走っていると

まただ・・・

メーター内にリヤカーゴが開いていますの表示

後ろのサドルバッグのフタが開いている

実は2回目・・・

ご迷惑をおかけしました

※持っていたゴムひもで開かないように旅の終わり際に対処

はやくすればよかった・・・

道の駅伊勢志摩では4枚目の切符をゲット

お次は紀伊長島まで走らせた

海が見え隠れし

猿にも出会えた

前から走ってきた車が黒レンジャイに向かって

パッシングをしたんだ

白と黒の車が隠れてるとおもったが

おさるさんだった

何回も歯科医院も見た

鹿もみた

しかも何回もだ

イノシシもいたんだ

そこには蝶々もいた

いのしかちょうだ

コイコイだ

また道がそれた

こんなことはどうでもいい

・・・・・

紀伊長島に着いた時間はちょうどお昼

お腹がすいていた

お店もすいていた

ガラガラだ

閑古鳥がないている

↑ 失礼きわまりないな

※そんなことはありませんでした
※5レンジャイ全員座れましたが、次から次へとお客さん来てました

赤と青と緑と桃色はさしみ定食やマグロ丼などだったが

オレ黒レンジャイはひとりだけフライにした

正解だった

マグロの串揚げ

ウマすぎた

エビフライも食べやすくサクサク

食べ進めていると

赤レンジャイがからしを持ってきてくれとオレの為に申し出た

オレは特にいらないのに・・・

店のおやじはからしは置いてないぞと。

三重ではフライにからしは付けないと。

こんど来る時までに用意しておくと。

赤レンジャイはなんでからし置いていないのか

何度も問い詰めた

そんなやりとりを

オレは黙って聞いていた

本気でおもった

マジで

どっちでもいい

と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思い返すと

料理が運ばれてくる前になぜかオレだけ

店のおやじにやたら話しかけられたんだ

おやじの娘ならよかったのだが・・・

だから

冗談でも言ってやろうと

色紙あればサイン書きますよと

言ってみたんだ

・・・

シカトだった・・・

・・・

ぐっさんの色紙は飾ってあったのに・・・

もっと有名人になってまた来てやると思った

食後に頼んでもいないコーヒーも出てきていたな

そのときわかったことがある

青レンジャイは食べるのがはやい

でも知ってしまった

コーヒーが熱くて飲むのが遅いことを。

・・・

猫舌だ

これもひとそれぞれだ

猫舌だっていいじゃないか

あついニャー

飲めないニャーとか言っていればいいのだ

目の前の道の駅マンボウへと向かう

「ひとつわかったことがある」

今回はだいぶ生き物が登場していることに気付いただろうか

きつつきへ

ほら

ほらね

鯛ではないが・・・

答え
ぞう かっぱ らくだ かめ うし おおさんしょううお いせえび あわび か めだか
あめんぼう パンサー あひる いるか まんぼう きつつき いか くも コイ さる イノシシ
ちょうちょ ねこ まぐろ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何事もなく

帰路へ向かう

こんな楽しい時間が

もう終わってしまうのかと

寂しい気持ちにもなるが

残された時間と道、

仲間、空気、におい

音、風と一緒に

まだまだ楽しもう!

めいっぱい遊ぼう!

そう思った時だった

・・・

第3話

完結篇に続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予告

信じられない!

急展開はこのあと

あと2回ほどあったのだ!

第3話

なさげ

(笑)(笑)(笑)